コーヒーのフレーバーについて


赤池商店では、ドリンクメニューの一覧から選んでいただくのですが、

そこにはコーヒーの種類ごとに参考になるようにコーヒーのフレーバーについて

詳細が書いてあります。

スペシャリティーコーヒーは特徴的なフレーバーがあります。

「チョコレートのようなコーヒー」「オレンジのようなコーヒー」と表記される事が

ありますが実際にそのような香料が入っているわけで訳ではなく、それらの要素を感じる事ができるコーヒーであるという表現です。

したがって自分の好みのコーヒーを知るうえで

どのようなフレーバが自分にとって好みか知ることがとても大事になってきます。

以前は、フルーツのようなコーヒーを飲んでもっとコクが欲しかったらナッツやチョコを思わせるフレーバの物にするなど、少しづづ自分の好みのコーヒーを開拓していくのもコーヒーの楽しみの一つだと思います。


赤池商店では

ケーキに対して合うコーヒーはどれなのかが表記されてますが、同じケーキでもコーヒーを変えるだけで味の感じ方が変わってきます。

イチゴタルトを前回は注文してフルーツ系のコーヒーを頼んだけど、今度はナッツ系のフレーバーのコーヒーを頼んでみようというのも間違いではありません。

ケーキも味、素材が単一で形成しているわけでないので、土台であるタルト、上に乗っかっているクリームやチョコ、フルーツに焦点を合わせるかでペアリングを変えて楽しむことができます。

当店ではコーヒーの種類が多いのでお客様が迷わないように合うコーヒーが表記してありまが、少しづつ産地や精製方法などの自分の好みがわかってきたら、それに対してどう合わせたら味の感じ方がどのように変化するのかを楽しむのもいいですね。












30回の閲覧